リプロスキンは効果がないって本当?ニキビ跡に効果はでるの?

 

お肌の悩みの中でも最も多いといわれているニキビ肌。
治ってもまた出て、たまに悪化させてしまったり、生活習慣や食事が大切ということはもちろんですが、ケア方法に着目してみたことはありますか?

 

様々なニキビケアを目的としたケア商品がありますが、その中でもニキビ肌の悩みを抱えた方たち注目のケア用品がリプロスキンです。

 

名前は聞いたことがある!という方も中にはいらっしゃるかと思いますが、では実際にリプロスキンに効果が期待できるのでしょうか。

 

リプロスキンがなぜニキビ跡に効果的かについて考える

リプロスキンはお肌のターンオーバーに着目した商品です。
ニキビ肌の中でも最も頭を抱えるニキビ跡は、お肌のターンオーバーがうまく行かずに、肌に色素沈着が起こってしまった状態です。

 

お肌のターンオーバーが正常に働けば、通常はその部分は垢となり、体から自然と落ちる仕組みとなっています。
ニキビがなかなか治らない!跡が残ってしまう!といった症状はこのターンオーバーの不具合がもたらしていることが考えられます。

 

リプロスキンはお肌のターンオーバーが正常に行われるようサポートをしてくれる成分をたっぷり配合しており、寝ている間にお肌を正常な状態へと導いてくれる化粧水です。

 

その代わり、ターンオーバーに最も重要とされている睡眠に関しては、使う人が積極的にとることが条件になります。
ターンオーバーは寝ている間に起こります。

 

お肌の生まれ変わりの仕組みを理解した上でリプロスキンを利用すれば、その効果を実感できる可能性は高いと思います。

 

リプロスキンの特徴とその仕組みについて

リプロスキンの最大の特徴といわれるのがその浸透力です。
リプロスキンは単体で使用してもその効果が得られますが、いつもの化粧水と組み合わせて使うことで浸透力が高まり、その化粧水や美容液までもが肌に浸透しやすい状態にしてくれるんです。

 

今使っている化粧水や美容液がもしお肌に合っているのであれば、そのケアに一手間リプロスキンを加えてあげるだけで、ニキビケアが一緒にできるそんな優れものの商品です。

 

もちろんこうした使い方については、リプロスキンを購入した際についてくる説明書にも記載されていますから、正等な使い方になります。

 

少し難しい言い方をして説明すると、通常お肌のph(ペーハー)は弱酸性を保っています。
この状態はお肌がバリアを張っているような状態=色々なものが肌へと浸透しにくい状態となっています。
リプロスキンはこのお肌の状態をアルカリ性に近い状態にする効果があります。

 

アルカリ性になったお肌はとても柔軟な状態となり、化粧水や美容液の浸透力が上がります。
その結果、肌の奥ふかくまで美容成分を浸透することができるので、お肌をより健やかな状態へと導くことができます。

 

ph(ペーハー)なんて言葉初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思いますが、リプロスキンはこの肌の性質に着目し、上手に利用することでお肌に一番合ったケアをすることができる商品だと言えます

 

リプロスキンは使用方法を間違わなければ効果はある

リプロスキンの効果がないということを書いている口コミがありますが、多くの場合リプロスキンの使用方法に間違いがあることがあります。

 

ニキビ肌やニキビ跡にお悩みの方の場合、肌自体が通常の肌ではなく、角質肥暑になっている可能性が考えられます。

 

この角質肥暑とは、ストレスや生活習慣など複数の原因が重なることによりお肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が垢として排泄されずに、どんどん肌の表面が暑くなってしまうことを指します。

 

ここにいくら化粧水や美容液を使っても、角質の奥へは浸透せずに、肌の表面だけにしか作用しません。
リプロスキンも一緒で、どんなにリプロスキンに肌を柔軟にしてくれる効果があったとしても、使い方を間違えていれば、何の意味もありません。

 

肌の表面だけにしか成分は浸透せずに、リプロスキン本来の効果を得ることはできないんです。

 

リプロスキンは重ねて塗ることでその効果を十分に発揮する商品です。
この繰り返し付けるということをしないで効果がない、何も変化が起きないと嘆いている方も、こうした口コミを書いている方の中にはいるようです。

 

結論としては、リプロスキンにはニキビやニキビ跡の残る肌を、効率的に改善してくれる効果のある成分がしっかりと配合されていますので、使い方さえ間違わなければ、効果が期待できる化粧水です。

 

リプロスキンの口コミと効果は?23人の口コミを紹介!